タオルなんてどれでも同じ、そう思っていませんか?

今治タオルをご存知ですか?

愛媛県今治市は全国のタオル生産量の5割以上を占める、まさに日本一のタオルのまちです。

その歴史は古く、明治27年、今からおよそ120年前にまでさかのぼります。
(ちなみに明治27年といえば西暦1894年、日清戦争の年です。)

しかしタオルの世界も現在では海外産の安価なものが出回っており、今治に限らず国内のタオル産業は厳しい状況におかれています。

そんな中、今治では長年にわたって培われてきた伝統と技術により、高品質なタオルブランド=今治タオルの産地として国内はもちろん、海外からも注目されています。

今治タオルの特徴とは?

何と言っても今治タオルの特徴はその肌触りの良さと吸水性です。

タオルを水に浮かべて5秒以内に沈み始めるかどうか、それが今治タオルの品質基準の一つです。早く沈むという事はそれだけ吸水性に優れているという事。水分を素早く吸収するからべたつかず、肌にも優しいのです。

もちろんその他にも様々な品質基準があります。今治タオルとは単に今治産のタオルではなく、それらに合格したもののみが、今治タオルを名乗れるのです。

人に優しいタオル

歴史に裏打ちされた高い技術、厳しい独自の品質基準、そしてもう一つ、今治タオルを今治タオル足らしめているのが、使う人の事を考えた、おもてなしの心です。

四国にはご存知のようにお遍路さんの伝統があります。四国の人々には昔から、お遍路さんとして旅する人たちを暖かく迎え、接待するおもてなしの心があります。

そのおもてなしの心が、今治タオルの製造にも生かされているのです。

伝統を受け継ぐ製造技術、厳しい品質基準、そしておもてなしの心から生まれた、人に優しい高品質タオル、それが今治タオルなのです。

ページの先頭へ